日本健康麻将協会について

こちらでは日本健康麻将協会について記載してます。誰でも麻雀を楽しめて、全国ランキングまであるんですよ。また、各種大会も開催されています。
MENU

「健康麻将」というものをご存じでしょうか?

皆様は「健康麻将」というものをご存じでしょうか?ここでは、そのご紹介をさせていただきたいと思います。

 

「日本健康麻将協会」について

こちらは、1988年に創立された団体です。「飲まない・吸わない・賭けない」の3本柱のもとに、「知的ゲーム」としての麻雀を純粋に楽しもうという活動をしています。昔から麻雀は、競馬やパチンコと並ぶ「身を滅ぼすギャンブル」としての低い地位に甘んじていました。そんなイメージを払拭すべく地道に活動してきた協会の姿勢には、頭が下がります。

 

誰でも麻雀を楽しめます

この協会に入会すると、協会に参加している会場に出向けば、好きな時に麻雀を好きなだけ楽しむことができます。もちろん「飲まない・吸わない・賭けない」で、です。中には自治体が会場になっているケースもあり、脳トレゲームとしての麻雀が大変評価されていることがわかります。

 

全国ランキングで順位を上げましょう

対戦はすべてコンピューターで記録され、随時、全国ランキングが更新されています。だんだん順位が上がっていって喜んでいると、強い新人さんが入会してきてまた下がるということもあります。協会では会報も毎月発行されていますが、そんな強敵の紹介なども載っているのでしょうか? それとも麻雀の秘策なんかが書いてあるのでしょうか?

 

各種大会やイベントなどの開催

協会では全国大会の開催はもちろんのこと、「家族ふれあい麻将大会」など、さまざまなイベントや教室、交流活動などを行っています。なお、なぜ「麻雀」ではなく「麻将」と書くかといいますと、もともと中国では「麻将」が本来の表記で「麻雀」は誤記なのだそうですが、日本では「麻雀」の表記で広まってしまったので、「飲まない・吸わない・賭けない健康麻将」として一般の麻雀と区別するために、協会ではこちらの表記を採用しているようです。

 

あなたも健康麻将を広めるのに一役買ってみては?

健康麻将の普及の度合いは、地域によって温度差があるようです。協力店や支援団体の数も、まちまちです。普及度の低い地域では、誰よりも麻雀を愛するあなたの出番かもしれませんよ。麻雀に興味はあるけれどとっかかりがないという人たち、初心者の人たちのために一肌脱いでみませんか?

 

「教えることは、ともに学ぶこと」という言葉もあります。楽しい知的ゲームである麻雀の地位を押し上げるためにも、麻雀愛好家を増やすためにも、みんなで協力しましょう。よく「大阪の家庭には一家に一台、タコ焼き器がある」などと言われますが、「日本全国どこでも一家に一セットは雀卓と麻雀牌がある」ほどに麻雀が広まっていけば嬉しいですね。

このページの先頭へ